Now Loading...

Now Loading...

2020.08.17

記事コンテンツは、伝わりやすさで動画コンテンツに劣るのか?

パソコンで原稿を執筆

 

私は普段、紙メディア・ウェブメディア両方向けに、主にテキスト記事を作っているのですが、特にこの1〜2年で爆発的に動画コンテンツが増えてきた印象があります。

料金含め通信環境が良くなってきたことはもとより、TV収録が困難になった芸能人がYouTubeチャンネルを開設するといったような、新型コロナウイルス感染症の影響もありそうです。

映像制作会社さんと一緒に、テレビの医療特番の企画・制作もやったりしますので、一般の方にやや難しい内容が多い医療や科学分野で、動画による「伝える力」はとても感じています。

では、動画が当たり前に見られるようになってきた今、文字コンテンツは動画に劣り、不要になっていくでしょうか?

結論としては、インタビュー記事なんかは文章のほうが優れている、というか向いていると思っています。

 

人のインタビューを動画で見てもあまり意味がない

動画の良さはやはり「視覚で見ることで多くのことが伝わる」点です。

例えば先日、乗っている自転車のブレーキの調整をしたくて、YouTube動画を参考にしたのですが、やや複雑な作業がとてもスムーズにできました。これが文字と画像だけの解説記事だったら、とてもこうはいかなかったと思います。

逆に、人がずっとしゃべっているだけのインタビューしか撮影できないような場合、興味を持たれるコンテンツを作るのはとても難しかったりします。

 

 より伝わりやすい言葉に変換したり言葉を足したりできる

取材インタビューでメモをとる男性

動画は基本的に撮影対象者が口にしたことでしか表現できません。それに対して文字の場合は、その人が口にしていないことでも、よりわかりやすくするために言葉を足したり、言い換えたりすることができます。動画ではこれはできないことです。

もちろん言い換えたり足したりした場合には、ちゃんと相手に確認をとったうえで掲載するのですが、適切な表現ができている場合は「分かりやすく書いてもらって有難うございます」と言われることが多いです。

 

書く力以上に大切な、聞く力と想像力

これができるためには、文章力や表現力が必要なことはもちろんですが、もっと大切なのは、インタビュー中に相手の発言の意図を読み取る力だと感じています。

私は基本編集者なので、多くの場合、取材はライターさんと一緒に取材に行き、メインインタビューと原稿執筆はライターさんにやってもらいます。そうして上がってきた初稿をチェック・編集するのですが、たまに「先生が言ったこのことって、そういう文脈じゃないんだよな」という場合があったりします。

書いてあることは確かに発言内容に沿っているのですが、文脈が違うのです。

ライターという職業は「物書き」だと思われがちですが、取材やインタビューがしっかりできる人が重宝される(けど多くない)理由はそういうところにあります。

特に医療や健康系のような、正確さや慎重な表現が求められるコンテンツは、医師もしっかり確認、推敲ができる文章のほうが発信しやすいという、という特性もあります。

しっかりした制作者が作る文字コンテンツの価値は、そう簡単に無くならないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です